海外の証券会社で口座開設する海外FXには数多くの魅力があります

高レバレッジでの稼ぎやすさが魅力

グラフ

日本人が国内でFX取引を行う場合、日本の会社で口座を開設するのが一般的です。しかし近年は海外FXで口座開設を行い、取引する投資家が増えてきました。その理由は、海外の会社には日本にはない多くのメリットがあるからです。例えばレバレッジの規制が緩いことです。日本ではFX取引を行う際にかけることができるレバレッジは、最大で25倍までと制限されています。上限を設定することで、投資家が大きな損失を抱えるのを防ぐ目的があります。ところが海外FXではそれ以上のレバレッジをかけることが可能となっており、少ない資金でより大きな取引ができるのが特徴です。これは資金効率が上がることを意味していますから、短期間で一気に稼ぎたいというときには利用する価値が大いにあると言えるでしょう。日本の証券会社では見かけることが少ない珍しい通貨ペアを扱っているのも、海外FXで口座開設するメリットです。FX 取引の魅力の一つは、ポジションを持っているだけでスワップポイントによって口座残高が増えていくことです。海外FXでそうした通貨ペアに投資しておけば、日本の証券会社で取引するよりも有利になります。

日本語によるサポートが少ない点に注意

為替

レバレッジが緩いという海外FXのメリットは、そのままデメリットともなり得ます。なぜなら知らず知らずに大きなポジションを持ってしまい、一気に資金を失うことにもなりかねないからです。そこで初心者の方は、資金管理を徹底することをおすすめします。具体的には自分なりにレバレッジを低めに設定し、取引することです。慣れないうちは2倍から5倍ぐらいに設定しておき、相場の急変時に備えて損切りの注文も忘れずに出しておくようにしましょう。日本語がほとんど通じないのも、海外FXで口座開設する際に気をつけておきたい点です。会社のホームページは全て英語などの外国語で記載されていますし、サポートに連絡しても外国語で対応されるのが当たり前です。英語が苦手な方は誤って取引する恐れもあり、まずはデモトレードなどで慣れていくのが安全かもしれません。とは言え、日本語が通じる海外FXもあります。初めての方はそうした会社で口座開設するようにすると安心です。倒産のリスクがある点にも注意して下さい。日本の証券会社では信託保全という制度が用意されており、万が一会社が倒産した場合でも口座に入れてある資金は手元に取り戻すことができます。一方で海外のFX会社はそうした制度を用意しているところが少なく、倒産によって資金を拘束されかねません。対処法としては信託保全を行なっている会社を選ぶことです。数は少ないのですが、そうした会社で口座開設すれば安心です。加えて取引で得た利益はこまめに出金することをおすすめします。